シンプルな発想 (2011-05-04)

土地家屋調査士の丹羽徹です。

痛ましい震災から、先日 四十九日を迎えました。企業においては今後の業績の見込みすらたてれない厳しい状況の様です。社会は、どう変貌するのだろうか。ふと 考えることがあります。私は、正直に仕事をこなし成果を上げた者が正当に評価される世の中になると思います。相手によって態度を変えたりすることなく、自分の誠実な流儀に忠実であること 自分なりの志をしっかり持って、どの様な場面でも正面から取り組む覚悟を失わなければ、困難な状況になっても迷うことはありません。この様な時代になってくると、起用なテクニックより、逆にシンプルな発想・考え方が大事になってくると思います。