定例研修会?in 日間賀島 (2011-11-10)

わたしたち名古屋専門家相談室の面々は、普段それぞれの専門家が分かれて仕事をしているため、互いに提携して仕事をすることはあるものの、全員が一同に会する機会はそれほど多くありません。

また独立自営で仕事をしている専門家は情報が業界で偏ってしまいがちです。それぞれが仕事をする中で持ち寄った情報や経験を共有し、次の仕事へとつなげていくことはお客さんにとっても有益にはたらきます。それゆえ一体感を確認し、親睦を深めることは何事にも必要です。

さて、長い枕になってしまいましたが、いよいよ本題に。

11月2日夕方、その日の仕事をこなした後、名古屋市瑞穂区、名鉄堀田駅近くのいとう司法書士事務所に集合した一同は名古屋高速を南に、一路知多半島の南端、片名港を目指します。途中の阿久比で三河を本拠にしている丹羽相談員と合流。全員揃っていよいよ研修会場(?)の日間賀島へ。わたしたちは伊藤相談員の手配で海上タクシーをチャーター。待ち時間なく会場の日間賀観光ホテルへと到着することができました。

日間賀島は伊勢湾に浮かぶ島で知多半島の南端から2.4Km。高速船で5分ほどで到着します。名物はタコとフグ。そのほか豊かな漁場が周辺に広がり、魚の宝庫ともいわれます。(日間賀島観光協会HPより)

日間賀観光ホテルは伊藤相談員が毎年開催される日間賀島マラソン参加の際に定宿にしており、また春田相談員の顧客がそのホームページの作成を請け負っているなど、わたしたち相談室に縁のある宿泊施設です。

さあ、目にも鮮やかな海の幸と潤滑油のお酒が胃袋に納まると、長~い夜の意見交換会の始まりです。自営ならではの苦労話やちょっとおかしな失敗談。節税や自宅(兼事務所)の改築についての相談会が緊急開設なんてことも…。秋の夜長はゆっくりと過ぎてゆきました。